"自動追尾TS【Focus50】デモ受付中"詳しくはこちら

杭ナビの精度はどのくらい?他の自動追尾TSと比べてみた

このページでは、杭ナビLN-100の精度検証をした際のデータを紹介しています。

目次

精度検証に使用した器械

TOPCON LN-100

Spectra Focus35

Spectra Focus50

検証方法

検証用のローカル座標を測設し、各点を各器械で放射観測し、どのくらいの精度がでるのか検証しました。

ローカル座標は国土地理院一級トータルステーションを使い測設、各点の標高はデジタルレベルを使い測量を行いました。

測設したローカル座標値は以下の通りです。

〇mは器械からの点間距離になっています。
ちなみに器械点はx=0,y=0,z=10、後視点はx=-30.327,y=0,z=7.869となっています。

杭ナビの精度検証結果

杭ナビLN-100の精度検証結果は以下の通りです。

データを見て分かるように、点間距離に比例して水平残差が大きくなっています。
特に点間距離100mの水平残差は15mmと急激に悪くなっていることが分かります。

その他自動追尾TSの精度検証結果

杭ナビLN-100の比較対象として、Spectra Focus35とSpectra Focus50の精度も検証しました。
ちなみに二台とも国土地理院二級Aトータルステーションとして登録されている自動追尾トータルステーションです。

Focus35の精度検証結果

Spectra Focus35の検証結果は以下の通りです。

Focus50の精度検証結果

Spectra Focus50の検証結果は以下の通りです。

今回の精度検証ではFocus50の精度が一番良いことが分かりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる