Zoomサポートの試験運用を開始しました。

小規模ICT工事

このページでは、株式会社セシャト独自サービスの一つである【小規模ICT工事】について詳しく解説しています。

近年、群馬県では建設工事の生産向上を目的とした、ICT活用工事推進の取り組みを行ってきました。
しかし、ICT普及はまだまだ発展途上であり、中小企業が携わる小規模工事ではその恩恵を受けられていないのが現状です。

そこで、株式会社セシャトでは中小企業の皆様にもICTを気軽に活用できるよう、自社独自のサービス【小規模ICT工事】を開始しました。

小規模ICT工事適応工事について

小規模ICT工事の選定基準は以下の通りです。

小規模ICT工事3つのメリット

小規模ICT工事導入のメリットをまとめると以下の通りになります。

  1. 従来の建機で施工可能
  2. ICT活用による加点評価
  3. 施工管理作業の軽減

従来の建機で施工可能

小規模ICT工事は新たな設備投資をする必要がなく、すでに現場で使用している建設機械で施工します。
また、ICTに関する専門業務は全て私たちでサポートを行うため、安心して作業を行うことができます。

ICT活用による加点評価!

県土整備部発注工事におけるICT活用工事の試行要領において、ICT活用工事を実施した場合、工事成績の「創意工夫」項目で加点評価を得ることが出来ます。

施工管理作業の軽減!

施工、出来形管理等にICT機器を導入することで、管理者の業務内容を軽減することが可能です。

小規模ICT工事の注意点

施工の際、一部の作業でトータルステーションによる測量が必要です。
トータルステーションの販売・レンタルについては下記のページを参照してください。

ICT測量機販売・レンタル

小規模ICT工事の流れ

起工測量

レーザースキャナ―による3次元起工測量を行います。

施工計画

平面図、縦横断図等の施工計画図を3次元データ化し、出来形用トータルステーションにデータを搭載させます。

施工

従来の建機で施工。
丁張設置時にトータルステーションのデータを活用します。

出来形管理

出来形用トータルステーションで出来形測量を行います。
計測データから管理帳票(断面管理)を自動作成できます。

完成検査

書類による検査(断面管理)。
実地検査は1工事1断面。

小規模ICT工事の費用について

小規模ICT工事に掛かる費用は以下の通りです。

施工計画書作成

小規模ICT工事にかかわる施工計画書を作成します。

¥50,000円

3次元測量・データ作成

レーザースキャナーを使用した3次元起工測量を行います。

¥250,000円

3D設計データ作成

3D設計データを作成します。

丁張作業・出来形計測は、3次元設計データを搭載したトータルステーションでお客様で行って頂きます。

¥200,000円

出来形帳票出力

お客様が現場で測量したデータを元に、出来形帳票を作成します。

¥50,000円

費用についての注意点

上記記載の費用は参考費用となっています。
現場条件により、費用に差異が生じる場合があります。

小規模ICT工事は変更予算が貰えます

群馬県ではICT活用工事に対し、約100万円の変更予算を貰うことが出来ます。

弊社の業務費用は諸経費込660,000円(税別)なので、変更予算内でICT活用工事が可能となっています。
※業務費用はあくまで目安となっています。

建設業界は今後ますます高齢化が進み、絶対的に人出が足りない状況です。
また、それに伴いICT活用工事の事例が増えていくことが予想されます。

乗り遅れでの機会損失が無いよう、是非一度、弊社の小規模ICT工事を活用してみてはいかがでしょうか?

小規模ICT工事のお問い合わせはZOOMで可能です!

新型コロナ対策の一環として、セシャトでは、お問い合わせや打ち合わせ等をZOOMを使用し行っています。